ペインクリニックとは

ペインクリニックとは、一言で言うと、「身体の痛みに対応する専門」です。

いろいろな痛みを様々な角度から診断し、専門的な知識と技術で治療を行います。

 

痛みには、肩こり、腰痛、膝の痛み、指や手首の痛み、足首の痛みなど、いろいろなものがあります。

痛みの感じ方も、激しい痛み、じんわりとした痛み、急激な痛み、慢性的な痛み、断続的な痛みなど、さまざまです。

原因のはっきりしないものや、原因を取り除くことが難しいものも多くありますので、あきらめてしまうことも多いのではないかと思います。

 

しかし、痛みを我慢し放置しておくと、ますます痛みが強くなり、身体全体がしんどくなり、精神的にもつらくなって、やがて生活そのものが苦痛になってしまいかねません。

身体にも、血圧上昇や心拍数増加、血管収縮などの大きな負担を与え、やがては大きな病気に繋がる危険性もあります。

痛みを我慢せずに早くやわらげることは、快適で健康な毎日を送るために、とても大切なことなのです。

 

前川医院では、患者さまお一人おひとりの身体的状態やライフスタイルを考慮し、神経ブロック療法や薬物療法により、総合的な痛みの治療を行っております。

また、西洋医学に加えて、一部東洋医学の優れた点を取り入れて治療させていただいております。

前川医院に来院される、肩こりの女性患者のイメージです。ペインクリニックで、トリガーポイント注射などを使って治療します。
腱鞘炎のイメージです。こういった手や腕の痛みも、前川医院ではトリガーポイント注射などで治療します。
前川医院に来院される、腰痛の男性患者のイメージです。腰痛も、トリガーポイント注射等で治療します。

■痛みの悪循環

前川医院に来院された、膝の痛みを抱える男性患者のイメージです。膝の痛みも、トリガーポイント注射等で治療します。

痛みには、身体にせまっている危険を教えてくれる大切な働きがあります。患部の異常が知覚神経を通して脳に伝わり、「痛い!」と感じるのです。

しかし、患部の症状が改善し、その警告としての役割を終えた状態になっても、痛みが残って長く続くこともあります。

こういった痛みを我慢していると、身体に負担をかけてさらに別の痛みの原因を生み出し、より複雑な治りがたい痛みへと増悪していくこともあります。

特に、慢性的な痛みのある方は、その傾向が強くなります。

 

これは、次のようなメカニズムで起こります。

痛みを感じると、交感神経が興奮し、身体は反射的にその部分への血液の流れを悪くしたり筋肉を緊張させたりします。

すると、さらに痛みがひどくなるなど、痛みの範囲や性質も変化していきます。別の痛みが発生することもあります。これが「痛みの悪循環」です。

 

こういった「痛みの悪循環」は、早い段階で強く断ち切ることが重要です。

そういった治療を行うことで、長期的に症状が改善し、体質そのものも改善できる可能性があります。


■神経ブロック療法

代表的なのが、トリガーポイント注射です。

トリガーポイント注射とは、肩こりや腰痛、ひざの痛みなどの症状に対し、トリガーポイントとよばれる要所(東洋医学における「ツボ」とほぼ同じ場所にあります)への注射により、痛みを緩和するとともに「痛みの悪循環」を断ち切り、体質そのものの改善へと導く治療法です。

 

痛んでいる部分やその周辺の要所に局所麻酔薬を注入し、急速に痛みをやわらげます。同時に交感神経をもブロックすることで、周囲の血液の流れをよくして筋肉を緩ませ、「痛みの悪循環」を断ち切り、自然治癒力を増幅させます。そして、その自然治癒力を使って損傷した組織を修復させ、根本的な治癒に持ち込みます。

昔から日本でも行われている温泉療法や、東洋医学の鍼灸治療にも通じるところがあります。

 

従って、一時的に痛みをとる対症療法には終わらず、薬の効果時間を越えても痛みの軽減は持続します。そして何回か注射をするうちに、体質そのものが改善していく可能性もあるのです。個人差がありますが、人によっては、ただ一度の注射で治ってしまうこともあります。

■薬物療法

身体の状態や痛みの性質にあった鎮痛薬や補助鎮痛薬により、痛みを緩和させます。

前川医院での、ペインクリニックの治療イメージです。トリガーポイント注射などの神経ブロック療法と薬物療法を使って治療します。